シェアする

信号をわたったヤギ

信号をわたったヤギ

信号をわたったヤギ

ある日突然

1匹のヤギが迷子になった。

ヤギが迷い込んだのは都会の雑踏。

大勢の人が急ぎ足で行き交う

スクランブル交差点

シマシマ横断歩道の上。

メ~ メ~。

何が何だか分からない。

どこへ行ったらいいのかもからない。

横断歩道の真ん中で

ヤギは困って立ち尽くす。

立ち尽くすヤギに

大勢の人がぶつかってくる。

だいたいヤギの体は横に長いものから、

どんどん

たくさんの人がぶつかってくる。

ヤギは困って悲しくなって

メ~とないた。

それでも

誰も

ヤギには気が付かない。

みんなとっても急いでる。

なんだかとても忙しいみたい。

ヤギは途方に暮れて

も一度

メ~とないた。

それでも

誰も

気付かない。

青信号は点滅し

人々は急ぎ足で四方に散ってゆく。

足早に歩く人でいっぱいだったスクランブル交差点も

すっかり人がまばらとなった。

そこでヤギは

ようやくひとりのグレーの男を見つけ、

その男の後を付いて信号を渡った。

ただただ

訳も分からず

グレーの男の後をついて行った。

また迷子になっては大変と、

コツンコツンとついて行った。

グレーの男は、

大きなビルの中に

吸い込まれる様に入って行った。

ヤギも男についていった。

グレーの男はだまってエスカレーターに乗り込むと8階のボタンを押し、じっと上を見ていた。

ヤギはだまって男を見つめていた。

エスカレーターが8階についてドアが開くと男はエスカレーターを降りた。

ヤギもエスカレーターを降りた。

男は迷うことなくスタスタと

◯◯会社と書いてあるドアを開けて入っていった。

ヤギも中のに入っっていった。

ドアを入るとすぐに

グレーの男はいつものように書類を手にした。

ヤギも

グレーの男のマネをして

書類を口にくわえた。

ヤギは

口いっぱいに書類をほうばって

むしゃむしゃ食べた。

ヤギは美味しいご馳走に

迷子になっていたことなどすっかり忘れ

嬉しくなってむしゃむしゃ書類を食べた。

ヤギはとても機嫌がよくなった。

ご機嫌に書類を食べていると

いつの間にか

ヤギの周りには

グレーの男がたくさん集まっていた。

グレーの男たちは

みんな怖い顔して

ヤギに向かってワーワー言っていた。

1人だったはずのグレーの男が

すごくたくさんに増えていた。

ヤギは怖くなって

メ~とないた。

すっかり困ってしまって

メ~とないた。

グレーの男たちには

ヤギのなき声は聞えていないみたい。

ヤギは悲しくなって

ションボリ下を向いて

入ってきたドアから出ていった。

ヤギは

早く草原にかえりたくなって

優しいお母さんに会いたくなって

メ~とないた。

みらくりん♪

#ハンドメイド羊毛フェルト #絵本 #絵本「地球くん」 #絵本「ブランコにのったオムレツ」